ゼニカルを飲むと避けられない副作用…油便!

ゼニカルを飲むとどうしても避けられない副作用に「油便」があります。

症状の現れ方としては、お腹が緩くなるという程度の人から、おならをしただけでも脂を含んだ便が漏れてしまう、日常生活や社会生活に支障をきたすという人など個人差があります。ですが、ゼニカルを飲むのをやめれば油便の症状は治まりますし、出てくるのは食べ物から摂った「脂質」なので健康を害するような心配はないのですが、それでもやはり便が漏れてしまうというのは困りますよね。

そこで、この「油便」の対策方法をご紹介します。ゼニカルはお薬なので、この副作用は避けられません。副作用をうまく対策することこそ、ゼニカルでのダイエットを成功させるポイントです。

ぜひ、参考にしてみてください。

ゼニカルを飲むと1~2日後に油便が出ます!

ゼニカルを飲むと、1日~2日くらい(24~48時間)、稀に3日後くらいに食事からとった脂質(油)が便と一緒に出てきます。

排泄される脂の量は、全体の30%程度だといわれていますが、脂っこい食事をすればするほど、排泄される脂の量は多くなります。そして、飲むのをやめてからも少しずつは減って来るものの2~3日は脂が便と一緒に出ます。

・お腹のハリ
・急な便意
・おなら
などの症状も伴うので、おならをすると湯便が漏れてしまうという体験者の方も少なくありません。症状には個人差がありますが、万が一にも漏れてしまうと大変ですから、対策をしておきましょう。

どんな対策方法がある?

それでは、ゼニカルを飲んで油便が出てしまう…という場合の具体的な対策方法についてご紹介します。

油便漏れに対する対策方法

脂を含んだ便が出てしまうと、きっとびっくりしてしまう人が多いと思います。ですが、ゼニカルを飲んだら必ず脂便が出る!と言っても過言ではありません。

排泄される量には個人差がありますが、脂っこい食べ物、例えばファーストフードやてんぷらなどの揚げ物、焼き肉やステーキなどを食べると、かなりの脂が排泄されます。ですから、油漏れが起きても大丈夫なように、事前に対策をしておきましょう。

・生理用ナプキン
・尿取りパット
・紙おむつ
このような対策をしている人がほとんどです。

また、おならをすると便が漏れるという人も多いので、外出先などでは特に、うっかり・・・ということがないように気を付けてくださいね。万が一の時のために、上記のようなナプキンやパットで対策をしておいたほうが良いでしょう。

トイレが汚れてしまうことに対する対策方法

脂便が出ると、トイレがかなり汚れます。

・排泄前にトイレットペーパーを便器に敷く
・トイレ掃除は台所用せっけんを使う
このようにすると、トイレを汚してしまうことが少なくなりますし、掃除が楽になります。

症状が辛いなら…オベリットもあります!

ここまでにご紹介したように、ゼニカルにはビタミン不足や油便の副作用が起こります。でも、その副作用が辛い…という人は、オベリットというゼニカルのジェネリックを使用するのもおすすめです。

オベリットはゼニカルのジェネリック(後発薬)なので、同じ成分(オルリスタット)が配合されていますが、その量がゼニカル(120㎎)の半量で、60㎎です。つまり、効き目も緩やかになりますが、副作用もマイルドに…。

日常生活に支障をきたしてしまうほどの副作用は辛いですから、有効成分オルリスタットの量が半量に抑えられているオベリットの使用を検討してみるのもおすすめです。

ただ、オベリットを使用している人のほとんどが、個人輸入代行サイトを利用しています。なぜなら、オベリットを処方してもらえる肥満外来や美容クリニックは殆どないからです。

ですが、油便やビタミン不足以外の副作用のリスク(肝機能障害や腎機能障害など)を軽減させるためにも、オルリスタットを初めて飲む場合は医療機関で処方してもらうのが鉄則。なので、もし病院でゼニカルを処方してもらって副作用が辛いという場合は、その医療機関で相談してみてください。

オルリスタットが自分にとって安全、そしてダイエットサポートとして便利に使えるということが分かれば、個人輸入代行サイトの利用もおすすめです。

ちなみに、同じゼニカルでも個人輸入代行サイトを利用して手に入れたほうが、病院で処方してもらうよりも格段と費用が安く済みますよ。そして、ゼニカルだと副作用が辛いという人は、個人輸入代行サイトに切り替えるタイミングでオベリットに切り替えてみるのも良いでしょう。