ゼニカルに多い副作用【ビタミン不足】について

ゼニカルを飲むと現れる副作用の1つに「ビタミン不足」があります。

ゼニカルを飲むとなぜビタミン不足になるの?

ゼニカルには、食べ物から摂った脂を便と一緒に排泄する作用があります。その際、健康維持のために必要な栄養素は体に吸収させることができ、排泄される脂質も摂った量の最大30%程度です。

なので、栄養不足を引き起こし痩せるというような、健康を害するようなダイエット薬ではありません。しかし、脂質が排泄される際、一緒に食べた脂溶性ビタミン(ビタミンA、ビタミンE、ビタミンK、ビタミンD、βカロテンなど)は脂と混ざり排泄されてしまうのです。

短期的に飲むのであれば問題はありませんが、継続してゼニカルを飲むと毎回の食事から体に吸収される脂溶性ビタミンが不足するので、ビタミン不足による肌荒れ、骨粗しょう症、手足のしびれや倦怠感といった症状が出てしまう場合があります。

ビタミン不足にならないための対処法は?

ゼニカルを飲むのであればサプリメントなどでビタミンを補うと良いでしょう。

しかし、ビタミンを摂る場合は、ゼニカルを飲むタイミングとはずらして飲むことをお勧めします。そうしないと、せっかくビタミンをとっても排泄されてしまいます。

ゼニカルを夜飲むのであれば、ビタミンは朝飲むというような飲み方をする、ビタミンを朝・夕に分けて飲むのであれば、ゼニカルを飲むタイミングとは2時間以上ずらすというようにすると良いでしょう。

本来であれば、食事からバランスよくビタミンを摂れたほうが良いのですが、それでもなくてもビタミンは、現代人の食生活では不足してしまいがちといわれています。なので、マルチビタミンなどのサプリメントの使用が簡単で便利です。