肥満を改善する治療法とは…診療療法や運動療法について紹介します!

肥満治療といっても色々な治療法がありますが、こちらでは食事療法・運動療法についてどのような治療内容なのか、また費用はどのくらいかかるのかといったことについてまとめました。

病院で行われる肥満の食事療法とは?

肥満気味なので少し食べるのを我慢しよう!と思っても、なかなか自分の意志では実行できないということもあると思います。でも、肥満(BMI値25~35未満)を通り越して、35以上になってしまったら、健康リスクが増えてくるので、医師の指導の下、食事治療を受けることをお勧めします。

病院では、
・摂取エネルギーの見直し
・栄養バランスの指導
・食べ方
などについて具体的な指導を受けることができます。

例えば、摂取エネルギーについては医師から指示がされますので、そのエネルギー量になるように調節をしていきます。栄養バランスはとても大切なので、管理栄養士などが相談に乗ってくれます。独学で、食べもののカロリーを計算したり、栄養バランスに気を付けるというのは難しいかもしれませんが、病院で具体的に教えてもらうことで効率的に肥満対策ができるのではないでしょうか。

また、定期的に通院し医師や栄養士の指導を受けることで、ある程度のプレッシャーも感じる人も少なくないと思います。つい食べてしまう、ついダイエットのことを忘れてしまうという人でも、根気よく続けられるかもしれません。医師や栄養管理士の指導を受けても、どうしても家に帰ると食べてしまうという人や、肥満による健康リスクが高くなってしまいそうな人は、入院をして徹底的に食事療法をするという方法もあります。

病院で行われる肥満の運動療法とは?

肥満改善のためには、食事療法も重要ですが、それと同じくらい運動療法が必要です。

例えば、ウォーキングや自転車、水中ウォーキングなどがあり、その人に合った運動方法や運動量の指導をしてもらえます。

ただ、肥満度が高いと膝や腰の関節が痛み十分に運動ができないという人も。そういった場合は、外科的な手術による肥満治療を勧められる場合もあります。

病院で肥満治療を受けるとお金はいくらかかるの?

病院で肥満治療を受けて、今度こそ本気で痩せたい!と考える人も少なくないと思います。

でも気になるのは費用ですよね。

そこで、病院で肥満治療を受けるとどのくらいの費用がかかるのかについて調べてみたのですが…。

病院での肥満治療の費用については、BMI値が35以上の人は健康保険が適応されることもありますが、自費での治療となる場合もあり、また、どのような治療を受けるかによってもかかる費用は異なることが分かりました。また、自費診療の場合はクリニックによっても価格設定が違います。

まずは、電話で自分の身長や体重、症状などを伝え、初回はいくらくらいの費用がかかりそうかということについて問い合わせてみるのも良いと思います。あるいは、初回は「診察だけでお願いします」と伝え、初回の診察で必要な検査や治療についてどのくらいの費用がかかるのかということを相談するのも良いと思いますよ。

病院で肥満治療を受けたい!何科を受診すればいい?

病院で肥満治療を受けたいという場合は、肥満外来やメタボリックシンドローム外来、美容クリニックなどを受診してください。

もし、かかりつけの内科などがある場合は、内科の先生に聞いてみると紹介してもらえることもありますし、肥満外来での専門的な治療が必要かどうかという判断もしてもらえると思います。

最近はダイエット薬(痩せ薬)を使ったダイエットが流行っていますが、そういったダイエット薬も肥満外来や美容クリニックなどで入手できます。例えば、ホンマでっかTVで紹介されたオルリスタット成分のゼニカルも、病院で入手できますよ。

ゼニカルは世界的に肥満治療として用いられているダイエット薬で、依存性もなく安全性が高いということで人気があります。個人輸入もできるので、まずは病院で処方してもらい、飲んでみて自分に合うと思えば通販に切り替えることも可能です。

通販で手に入れれば価格も安く、まとめ買いもできるなどのメリットがありますし、ジェネリックのオルリガルに切り替えればさらに費用を抑えることも可能です。

肥満で悩んでいる…という人は、まずは肥満外来や美容クリニックの受診を検討してみてはいかがでしょうか。