肥満の原因は食べすぎ!?ダイエットで太ることもあるの?

肥満になる原因は…

・食べすぎ
食べ物からとったカロリー(摂取カロリー)が、基礎代謝や運動によって消費されるカロリー(消費カロリー)を上回っている

・便秘
最近は、慢性的な便秘の人が多いといわれています。もともと女性は便秘になりやすいといわれていますが、最近は男性でも便秘という人が少なくありません。腸内に排泄されるべき便がたまっていると、その便が腐敗し血液にのって全身をめぐることになってしまうそうです。そうなると内臓の働きも悪くなるので基礎代謝が低下します。

・基礎代謝が下がる
基礎代謝は、生きていくうえで必要最低限の活動エネルギーのこと。例えば心臓や内臓が働くのに消費されるエネルギーのことを言います。しかし、この基礎代謝(活動エネルギー)は、老化や運動不足によって低下。慢性的な便秘によっても基礎代謝は下がります。基礎代謝が下がる・低下するということはそれだけ消費カロリーが少なくなるので、摂取カロリーが上回ってしまい、結果、太ってしまうのです。

・ストレス
精神的な悩みごとが大きなストレスになると、自律神経に影響が及びます。私たちの体の消化吸収機能は自律神経に支配されているので、自律神経のバランスが乱れると、体内に余分なカロリーが吸収されやすくなり太りやすくなります。いわゆるストレス太りに。

・ミネラル不足
ミネラルが不足すると、基礎代謝が下がります。また、たんぱく質をエネルギーに変えるにはミネラルが必要なのですが、不足するとエネルギーに変えることができなくなり太りやすくなります。

・欠食(食事を抜く)
食事を抜くと栄養バランスが乱れ、基礎代謝が低下します。

・無理なダイエット
無理なダイエットによって、欠食すれば代謝が下がりますし、ストレスがたまれば暴飲暴食…という事態に。無理なダイエットも太る原因になるので気を付けましょう。

なぜ食べすぎると肥満になるの?

なぜ食べすぎると肥満になるのでしょうか。

先ほどもご紹介しましたが食べ物からとったカロリー(摂取カロリー)が、基礎代謝や運動によって消費されるカロリー(消費カロリー)を上回っていると、脂肪が付きやすくなるので太りやすくなるからです。

なので、食べたら、しっかり運動をして消費カロリーを増やすことが必要。また、便秘を改善したり、代謝を助ける栄養素(ビタミンやミネラル)をきちんと摂り、代謝を高めることも必要です。

【要注意】食べなくても太ります!

食べすぎたら肥満になりますが、食べなくても肥満に…。

少ししか食べていないのに太る、食べ過ぎていないのに痩せないというのは、栄養バランスが悪いためかもしれません。代謝に必要な栄養素が足りなければ基礎代謝が下がるので太りやすくなり、肥満になりやすくなることも覚えておきましょう。